1.抜け毛、ハゲの原因とは!
髪の成長は深夜から明け方にかけて実は一番活発になります。
過渡な喫煙も飲酒も髪の成長を妨げます。

飲酒は、一定量を越えると血液循環が悪くなり、髪にも悪影響を与えると一般的に言われて
います。

血行をよくし、髪に栄養が供給されやすくすることも必要で、ストレスは自律神経の交感神経が
活発となり、毛細血管を収縮させて結果血行が悪くなり、頭皮に栄養が十分に行かなくなって
しまう傾向にあります。
ストレスをためないために、その解消法を見つけましょう!

ストレスは血管を収縮させ、血流量を減らし、悪影響を及ぼします。
適度な運動・スポーツは血行促進、ストレス解消にも有効ですから是非チャレンジしてみて
下さい。

また、夜更かしや睡眠不足、不規則な睡眠は育毛、薄毛に対してよくないです。

育毛、薄毛に対してだけでなく、体全体の健康のためにもなります。午後11時から午前1時は、
末端の細小動脈が拡張して栄養が多く運ばれ新陳代謝が活発になり、髪が再生されよく成長
することが分かっています。

血管を収縮させ血行不良の原因にもなって、頭皮の血行も悪化し、十分な栄養も行き渡らずに
育毛、薄毛対策の妨害になります。

乾性のフケは若年層の方に多く、清潔を保とうとして必要以上のシャンプーで発生することが
あります。
朝型生活に対して、夜型生活は、肌や髪の大敵といわれ、頭皮にも大きく影響します。

深夜に起きていると、血液が別の組織、細胞に回されてしまい、毛母細胞までには行き
渡らなくなります。

単に育毛、薄毛対策だけでなく、身体自体の健康のためにも重要です。

フケには乾性と脂性の2通りあります。

フケに対する対策もきちんと行うことで、育毛、薄毛の悩みの解消につながります。
フケが微生物のえさになり炎症を起こす脱毛症になる危険性もあります。

脂性の場合はフケが毛穴に残ることが原因で、発毛・育毛の邪魔をすることになります。
規則正しい生活で、充分な睡眠を取り、育毛、薄毛の対策をしましょう。

また、フケはシャンプーの回数を減らしたり刺激の少ない弱酸性のシャンプーに変える
ことで解決できることも可能です。

育毛、薄毛には、フケも大きく関係します。
皮脂とか雑菌をしっかりと落とすために、頭皮のケアーも効果的かつ重要です。

生活習慣を見直すことが、育毛、薄毛の対策として重要になってきます。
自己流のストレス発散方法を見つけてストレスを極力蓄積しないようにすることも重要です。

育毛、薄毛のケアでシャンプーは大事ですが、シャンプーの仕方にも注意が必要です。

食事では、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの4つの4大栄養素をバランスよく摂ることが
育毛、増毛、薄毛への効果的な対策となり、育毛促進につながります。

2.生活習慣病と抜け毛の相関関係とは!

生活習慣病という言葉は最近よく耳にしますね!

睡眠不足が続いたり、食生活が偏ったものばかりを食べている方は、生活習慣病に
なりやすいといわれていますから、生活習慣病にならないためにも、規則正しい生活をし、
食生活や睡眠に十分に気をつけることが重要です。

生活習慣病は気をつけなければ大きな病気となる可能性があります。
毎日の生活や食生活から生活習慣病にならないために工夫が必要です。

生活習慣病といっても沢山種類があり、どんな病気が生活習慣病なのかを解説します。

高血圧や肥満といったものも生活習慣病の中に含まれます。
生活習慣病としては心臓病、高脂血症、糖尿病、脳卒中が生活習慣病になります。

日本人の約65%の方が生活習慣病で死亡しているという統計値もありますので、生活習慣病
の予防には十分注意が必要だということです。

毎日の不規則な生活の習慣の積み重ねの結果で生活習慣病になっている傾向が高いようです。